17才で出産し、まだ遊びたい母親。祖母まで毒!

Facebook
Twitter
Email

私の母は17歳ででき婚。そして私を出産しました。(俗に言う親ガチャ失敗ってやつです。)

当時スナックを経営していた毒祖母は私の母(祖母からみれば愛娘)に溺愛。母には姉もいましたが、母には父親違いの姉もいましたが、祖母は年がいってから生まれた私の母を差別的に可愛がり、家族の不仲が悪化する原因にもなりましたがここでは、追及しないでおきます。

私を出産した後、お母さんはまだ夜遊びしたい!チヤホヤされたい!その欲が止まらず、同じくまだ夜の世界で楽しみたい、あわよくば愛娘と遊んでいたい毒祖母が「うちの店で働きな。」と私の父の反対も押し切り、お母さんを夜の世界に誘ったらしいです。

その頃、祖母もまだ男遊びが完全には終わっていなく、そう時間はかからずに私の母も浮気や朝帰りをするように。

お父さんがとんだけ嫌がっても祖母が護りに入り
「あんたより私が年上なんだから!」
と全く関係ない年齢差を武器にしてお母さんを働かせ続けたんだとか・・・

その間私は、夜になると託児所に連れて行かれ、
ぐっすり寝ている時間帯、記憶の中ではまだ外が
明るくなりきってはいなかったから午前3:00〜5:00頃なのかな?
起こされて家に連れて行かれ、また眠るような感じでした。起こされるのが憂鬱だった記憶です。

でもこの時はまだお母さんからの愛は感じていましました。

この後、母が私の父と離婚し、
再婚→出産→離婚→再婚→出産→離婚
と、全部で3度離婚するのですが、この間に2人の父親違いの妹ができました。
でも、状況はどんどん悪化し、3度目の離婚の頃には、母は、アルチュー、鬱病になり、
毎晩のように違う男の人がうちに出入りするように。
ときには口答えもできる年齢になった長女である私が一番鬱陶しく感じた母は、
私に「生まなきゃよかった。」と言うのが口癖。
暴力、暴言、そして私の妹2人と、祖母には裏で
「みくとは話しちゃダメだよ。話したらお前達の面倒は見ないから。」と脅すように。

毎日毎日孤独を感じる人生になるのですが、母が毒母になるきっかけ作りが間違えなく祖母でした。そしてその祖母もすぐに毒祖母と化しました。

More to explorer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。