親ガチャハズレ被害者に必要なのは共感者!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

【毒家族、毒親育ちに必要なこと】は
結論から言うと
・共感者 ・理解者です。

毒親、毒祖母、毒叔母、、
家族には恵まれず、毒家族の中で育った私ですが、周りの友達はみんな優しい家族に包まれてて、キラキラして見えました。
簡単には学校の友達や周りに話せない。
特にまだ低学年の時は友達に話したところで話された方もきっと何もできず、困ってしまうでしょう。
中には「なんだかんだ言って子を嫌う親なんかいないんだから」
と何も知らずに笑って流す大人達もたくさんいました。
(だめだ、、この人達にはいくら話したところで理解してもらえない。)
と、諦めていました。
中には受け入れて接してくれる人達もいるかもしれません。でもキラキラした友達の中に理解者を
探すのはとっても難しいですよね。大人になった今の私でも簡単なことではありません。

でも毎日心の中に穴が空いているのを感じていた私は中学卒業後にようやく少し似たような境遇の人達との出会いが増えました。

そしたら少し心が楽になったんです!
苦労している人達が多い方が良いって訳ではありません。この世界には同じく苦労している人達がいる。今までひかれてしまうのが怖くて話せる内容に制限がかかってて心から話せることができなかった。そんな人達が他にもいる。お互いになんでも気楽に話せて、相手も同じように話してくれる!
“お互いに寄り添える環境ってどんなに心が楽なんだろう。”

子供の頃は気付けなかったけど早く気づいてれば良かったこと。毒家族、毒親育ちをしてきた人達がするべきこと、やるべきこと!
それは改めて言いますが、
・共感者
・理解者

を作ることです!

私が幼かった頃は出会いを探すのは難しかったです。まだスマホもない子達なんかは今でも難しいかもしれません。

でも今この記事を読めている方、スマホを手にしている方は、ネットでも探せる。
そしてこの場も少しでも心の拠り所になれたら嬉しいです。このブログが似たような境遇の方々が
寄り添えるような場所になり、少しでも元気になれるようなきっかけを作れたら、とっても嬉しいです。

以前、某ブロガーをしていた頃、毒家族についての記事をアップしたところ嬉しいことにたくさんの反響をいただきました。なので、まだまだこちらではブログを始めたばかりですがいつかたくさんの人達が寄り添えるような場所になれることができたら光栄です。

More to explorer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。