交際相手に孫を売ってレイプまでさせた毒祖母!放った言葉もヤバすぎる③

Facebook
Twitter
Email

前回の続きになります。前回のブログはコチラ!


幼少期の頃から酷い虐待を受けて育った私達。
母からは、暴言、暴力、育児放棄、
三女だけを極端に可愛がるという
異常な差別を受けて、私と次女は育ちました。
そして、ずっと近くにいた祖母は、私達に手を差し伸べるどころか、一緒になって虐め、
私達は絶望状態でした。
母は、私には誰も口を聞いてはいけないと
言うルールを作り、
もし妹が私に話しかけたことが
発覚すると、暴言、暴力を受けるので、
当時の私と次女もコミュニケーションをとることは
許されていませんでした。
(祖母ですら文句がある時にしか話しかけては来ず、当時の私の孤独感は容易なことではありませんでした。)

そんな母は、毎日お酒を浴びるように飲み、
男遊びをし、自分で体を壊し、
40代にしてベッド生活、
要介護生活になりました。
そして毒祖母は介護を私達に強要してきました。
毎日のように祖母は、
「お前達はなんで生まれたの?
親の面倒を見るためでしょ!?」と
言い聞かせ、母に可愛がられた三女も
私達に母や祖母の介護や世話をを
強要するような言葉を発言をするようになり、
高校生になった次女 は、
遊びに行くことも許されず、毎日介護と、
祖母と三女が発する言葉に耐えられなくなり、
結婚をして家を出ていた私の家に逃げ込んできました。
その時に初めて、

”小学2年生くらいの頃、祖母の交際相手N(50〜60代)にレイプされていた。”

と言う事実を聞いたのです。

妹の家出により、
「あの親不孝者目!!」と
カンカンになった祖母と三女は
大騒ぎをし、警察にも通報してしまったので
なだめるために、とりあえず、
今日は家に妹を泊まらせると
祖母に連絡を入れると、
「こんなことする位なら
次女なんか死んでくれればいいのに!
と言われたことをはっきり覚えています。
孫の私に、孫のことを死んじゃえばいいのにと
言える毒祖母は、救いの余地がないなと思いました。

流石に私も怒り、反論しましたが
私達の祖母に何を言っても無駄でした。
通報された警察も、未成年の妹の気持ちより、
祖母に騒動を起こされることの方を
問題視していて、
酷い仕打ちを受けてる妹が追いかけられ、
酷い仕打ちをしている当の本人は、
何の罪にも問われず、世の中って
不公平だなと、その時再認識しました。

続きは次のエピソードに更新します。

More to explorer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。